中年の危機を理解していないと、大変な事になるかもしれません!!

ミッドライフクライシス 悩み
皆さんはミッドライフクライシス(いわゆる中年の危機)という言葉を聞いた事がありますか?今まさに中年の危機を迎えている皆さんも、既に中年の危機は過ぎ去った皆さんも、これから中年の危機を迎える皆さんも、中年の危機を理解する事で、人生を更に良い物にしていけたらと思います。この記事では、「中年の危機」についてご紹介していきたいと思います!!
スポンサーリンク

中年の危機とは?

中年の危機とは?
1965年にカナダの心理学者エリオット・ジャックス氏が発表した研究報告で、40歳前後の中年期を迎える人に現れる、心理的危機や躁鬱状態、不安障害のことを言います。

実に80%もの正常な中年の男女(30代後半~50代)が程度の差こそあれ、経験するそうです。

 

個人差はありますが、仕事でも重要なポストに就く時期だったり、家庭も子供もある程度大きくなり、小さい頃の様の様な世話が必要ではなくなったりして、自分の価値を見いだせなくなったり、不安定になりがちな年代と言えるのかもしれません。

 

中年の危機に陥りやすい人の特徴

 

さて、多くの人が経験する中年の危機ですが、ならない人も一定数います。

 

では陥りやすい人には何か特徴があるのでしょうか?

 

神経質だったり、過去の自分に自信が持てなくて、ネガティブな部分を引きずっていると中年の危機に陥りやすい傾向にあります。

 

また経済面で成功している人にも表れるとされていますが、人間関係やお金で苦しんだ人の方が多いようです。

 

人生の折り返し地点を過ぎて、変化の無い毎日に、自分だけ衰えていくような焦りを感じた時に、心のどこかにわだかまっていた過去の苦い経験が、不安や焦燥感を呼び起こしてしまうのかもしれません。

 

中年の危機に陥りやすい人は深く考えがちな性格で、神経質な部分を多く持っている人だと言えます。

中年の危機に陥りずらい人の特徴

 

中年の危機に陥りやすい人には、神経質で、過去の自分に自信が持てない人という特徴がありましたが、次に陥りずらい人についても特徴はあるのかどうか調査したいと思います!

 

陥りやすい人とは逆で楽観的で自分に自信がある人だと言えますね。

 

今までが良い人生だったから、これから先の人生も良いと自然に思えるような人は、心理的危機や躁鬱状態を抱えづらいですよね。

 

ある程度の年齢になると、会社の為、家族の為を考えて、自分を犠牲にしてしまいがちなので、難しいのですが、自分を大切に出来る人の方が、危機に陥りずらいと言えると思います。

中年の危機に陥ったハリウッドで成功した俳優でさえも・・・

数年前にホームレスの様な風貌で1人寂しくベンチに座る姿がパパラッチされ、世間を驚かせたのは、映画「スピード」でブレイクした、ハリウッド俳優で超セレブの、キアヌ・リーブスさんです。

 

恋人や親友に先立たれ、妹も不治の病に苦しんでいる事から「鬱になってしまったのだろう」と世間の同情を集めましたが、実は鬱ではなく「中年の危機」だったそうです。

 

40歳になってからの数年間は、青春時代に別れを告げなければなら事に、愕然とし、とても辛かったそうです。

 

年齢を重ねても、誰が見ても素敵な俳優さんで、社会的に成功もして、不安なんて何も無いように見えるのに、中年の危機に陥ってしまって、ホームレスの様な姿を撮られてしまったなんて意外ですよね。

 

容姿や仕事に恵まれ、充実した青春時代を過ごした人でも、青春時代を失ってしまうような喪失感に陥ってしまうというのは驚きました。

 

社会的に大成功をおさめた人でも、例外なく老いていく不安が訪れてしまうようです。

 

更年期障害との違い

 

女性は閉経の前後に更年期障害を患ってしまう事が多いですが、中年の危機は更年期障害とは違うのでしょうか?

 

女性も閉経前後で、女性ホルモンが大きく変化する事から、自律神経の乱れを引き起こし、のぼせやめまいなどの症状を経験します。

 

中年の危機は男性に多いのですが、男性にも更年期障害があるので、無関係ではなさそうです。

 

男性の更年期障害は、テストステロンという男性ホルモンの減少に伴う病気で、正しい対処法をとらなければ一生続く事もあります。

 

中年の危機は、性格的な物や過去の体験も関係しますが、更年期障害による、不安感や焦燥感が一因になる事もありそうですね。

 

まとめ

 

ミッドライフクライシス(中年の危機)はカナダの心理学者のエリオット・ジャックスが発表した研究報告で、心理的危機や躁鬱状態、不安障害の事を言います。

 

陥りやすい人は神経質で過去の自分に自信が持てない人で、陥りずらい人は楽観的で自分に自信のある人です。

 

中年以降、身体は衰えていきますが、対処法はあまり深く考えずに楽しみを見つけて、自分の為に生きる事が大事だと思います。

 

今まで会社の為、家族の為に頑張ってきた方達も、自分の楽しみを見つけて、自分の為に生きる事が中年の危機を防ぐ一番の薬になると思います。

 


【関連記事】

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました