中年の危機を乗り越える方法って、どうすればいいんですか!?

ミッドライフクライシス 悩み
日本ではまだ馴染みが少ない「中年の危機」(ミッドライフクライシス)という言葉を、皆さんはご存知ですか?40代前後の中年期に起こりやすい、精神的な危機的状況を中年の危機(ミッドライフクライシス)と言います。社会的にも重要なポストに就き、若い頃に望んだ収入も手に入れる中年期に訪れる焦燥感は、個人差はありますが、大きく辛い事も多いです。この記事では、「中年の危機の乗り越え方」をご紹介します!!中年の危機を乗り越えて、精神的に満たされた日々を送りたいですよね。もし、あなたが直面していたら、少しでも解消されるように願っています。
スポンサーリンク

なぜ中年の危機が起こるのか

まずは中年の危機が起こってしまう原因についてご紹介します。

様々な要因がありますが、最大の理由は体力と気力の衰えだと思います。

若い頃は漠然とでも、将来に夢や希望を持っていましたが、中年期に入ると誰しも体力の衰えを感じてしまいます。

夢や希望があったとしても、体力的にも叶える事は難しい事を知り、これ以上の成長や発展が無い事に愕然としてしまう事があります。

現実が見えてしまうという事なのかもしれません。

体力の衰えから気力まで衰えてしまう事は多々あります。

そして中年期は親の介護や子供の進学など、経済的にも精神的にも大きな負担がかかる時期でもありますので、心身共に疲弊してしまいがちです。

そんな時に起こるのが中年の危機です。

芸能人も例外なく~誰しもが陥る可能性

華やかな世界に生きる芸能人は中年の危機とは無縁に思われますが、武田鉄矢さんやビートたけしさんも中年の危機に苦しんだそうです。

武田鉄矢さんはドラマ「3年B組金八先生」で大ブレイクし、金八先生シリーズ化し、長期に渡って人気を博しました。

「僕は死にません」が流行語にもなったドラマ「101回目のプロポーズ」は最高視聴率36.7%を記録し、大ヒットとなりました。

ところが、ドラマが終わった直後に、突然気力を失い、鬱状態に陥ってしまったそうです。

この時、武田鉄矢さんは42才。まさに中年の危機だったと言えます。

一方、ビートたけしさんはお笑い芸人としてだけでなく、映画監督としても名声を博し、「世界の北野」とまで呼ばれるようになりました。

その頃大きなバイク事故を起こしてしまいます。

その前年に発表した映画「ソナチネ」の評判が振るわなかった事もあり、鬱状態になってしまいました。

その時、ビートたけしさんは47才。ビートたけしさんもまさに中年の危機を迎える年代だったのです。

中年の危機の乗り換え方~体験談~

辛い気持ちを癒す物は人それぞれだと思いますが、今中年の危機の真っただ中にある方達が、乗り換えた方法をいくつかご紹介します。

息子さんが入団したスポーツ少年で、息子さんが活躍した事から保護者達の妬みと悪意を一身に浴び、体調を崩しました。Rさんは、ある日突然、朝起き上がれなくなり、身体を動かすのが困難になりました。

 

色々な病院で診察を受けましたが、結果は「異常なし」最後に行った心療内科で、Rさんの不調は「精神的な物である」という診断が下りました。

 

ストレスの原因を取り除く事が最優先と医師に言われましたが、子供をスポーツ少年から辞めさせる訳には行きません。

 

Rさんは、手軽に出来るメール占いや電話占いで相談を繰り返し、自分の気持ちを聞いて貰う事で精神のバランスを保ち、息子さんが卒団するまでなんとか頑張る事が出来たそうです。

 

占いではなくても、自分の辛い気持ちを吐き出せる場所があると良さそうですね。Rさん(46才・女性)

 

家事や仕事の両立で忙しい毎日を送り、母親の介護や子供の反抗期で心身共に疲弊していたMさんは、突然何もかも嫌になってしまったそうです。

 

何もしていなくても突然涙が出てきたり、1人で部屋に籠っていたくなってしまったそうです。

 

そんなMさんを癒してくれたのは飼っている猫でした。猫の頼りは飼い主のMさんだけです。

 

Mさんが世話をしなかったら死んでしまうでしょう。

 

Mさんは猫の世話をする事に自分の存在価値を見出し、そして柔らかくて温かい猫を撫でたり、一緒に布団に入り、猫が喉を鳴らす「ゴロゴロ」という音に、とても心が癒され、笑顔が戻ったそうです。

 

猫が喉を鳴らす「ゴロゴロ」という音は、人間も猫も癒す力があるそうです。

 

ペットを飼うのも中年の危機を乗り越える方法の一つと言えますね。

Mさん(45才・女性)

まとめ

中年の危機とは体力と気力が衰えてくる40才前後に起こりがちな精神的危機の事です。

色々な問題が重なる年代という事も重なります。

中年の危機の乗り越え方は人それぞれですが、辛い気持ちを聞いて貰う場所があると良さそうです。

またペットを飼う事で自分の存在意義を確認したり、癒される事で乗り越えた方もいます。

自分の事にまで手が回らない人も多いですが、自分を大事にして癒す方法を見つける事が乗り越えるヒントだと言えると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました